シェアリングエコノミーを作るには

更新日:2017年4月11日
シェアリングエコノミーについて

「シェアリングエコノミーを作りたいけれど、開発コストがない。」
「アイデアや顧客を持っているけれど、試せる場がない。」

それらの疑問を解消できるプラットフォームサービスこそが「メクマ」です。今まで作ることが難しかった場を提供し、誰でもミニマムスタートすることができます。この記事では、どのようなショップオーナーが利用するべきか4つのケースで紹介します。

今までになかったシェアリングエコノミーを生み出す。

海外では、大きな市場よりもマニアックでニッチな市場が人気です。

海外のユニークなサービス

一般家庭の料理をシェアするMADE、学校の教材を販売・交換するstudiotimeなど、国の違いはあれど、なかなか面白いものばかりです。

以前、なつめぐさんのブログで紹介された記事がアイデアとして参考になるので紹介します。

18歳に1万円渡したら5倍になった話 : Natsumegblog


街中で自分のWiFi(アクセスポイント)を販売する企画。法律的な問題は別として、WiFiを販売して収益をあげたい人と、お金を払ってでも利用したい人が一定数以上存在し、取引が成立しています。

このアイデアを使って、多くの人が登録できるようになれば、街中どこへ行ってもWiFiに困らない日がくるかもしれない。これもメクマで構築することができます。

シェアリングエコノミーが必要とされている業界

保育園落ちたの私だ

保育園の入所選考に落ちた母親の記事が話題となりました。以前から堀江貴文氏が保育士の低賃金に対し、下記のとおり

多分高くならないですね。uber的にCtoCのシェアリングエコノミーにいずれ組み込まれます。そういう運動は暖簾に腕押しですな

現役保育士ら、安すぎる給与の改善など訴え | ホリエモンドットコム

述べています。このような待機児童問題について、直接保育士とつながれるサービスがあれば中間マージンの搾取を防ぎ、保育所問題も解決します。メクマではこのような問題にも取り組むことができます。

既存顧客を持っているケース

運用コストや機能面など、多機能のメクマを利用すればコストの削減が期待できます。例えば、参加者同士の売買が行われているサービスや大規模な特定業種のポータルサイトなどは、組み込みを含めて検討することができます。 既存顧客

開発費を抑えたテストマーケティング

シェアリングエコノミーを自社で開発する場合、「構築の課題」で紹介したように、数千万円規模のコストがかかります。その費用をアイデアひとつで動かすのはリスクが高い。まずはテストマーケティング的に、月数万円程度の「メクマ」を利用すれば、短期間・低コストでサービスをスタートできます。

このように、シェアリングエコノミーを作りたいと言えど様々なケースがあります。

関連する記事一覧

お知らせ・ブログ

シェアリングエコノミーについて

メクマについて

EC関連